多元的なリスクをめぐる個と共同性に関する学際的研究


―移民・難民・災害避難民を軸に

campaign 同志社大学人文科学研究所 第99回 公開講演会

多文化な日常における防災

―『いつも』と『もしも』をつなぐ

日時: 2021年6月13日 14:00-17:00
開催方法: ZOOMによるオンライン開催(定員100名)
参加申込フォーム:
https://forms.office.com/r/GrZRWrH2Me

【申込締切】2021年6月10日(木)

主催: 同志社大学人文科学研究所

多元的なリスクをめぐる個と共同性に関する学際的研究
―移民・難民・災害避難民を軸に


外国人の流入と定着化がますます進む日本社会において、多文化共生のための政策整備とその実践は喫緊の課題となっています。その一方で、阪神・淡路大震災や東日本大震災以後、高齢化と人口流出や産業の衰退などが相互に影響しあい、コミュニティの弱体化や災害脆弱性が指摘されています。
 本研究会では、こうした状況の中、①これまで海外で調査してきたフィールドワークの知見をいかし、「災害への備え」をキーワードに、多様化する日本における海外からの移民の課題とニーズを引き出していくこと、②日常と災害時といった「もしも」の事態において、外国人と地域住民が互いを知り、自助・共助を生み出していくシクミを共に考えていくことを目指しています。
 こうした知見を地域研究者、人類学者と防災研究者のみならず、NPO等の市民団体と共有し、防災と日常をシームレスにつなげ、多様性を包摂した持続可能なセーフティネットとあらたなコミュニティの在り方について研究を進めています。

第13研究 多元的なリスクをめぐる個と共同性に関する学際的研究

代表: 王 柳蘭

「つながり」の構築が力となるリスクへの対処

今日、私たちは様々なリスクに向き合いながら暮らしています。実際、地震、台風、河川の氾濫、崖崩れといった従来からの自然災害のみならず、グローバル化による新たな感染症の流行-直近では新型コロナウイルスによる感染拡大-といった人為的災害など、多様な災害に見舞われる危険性が常態化しています。しかも、大きな人為的環境破壊をも引き起こす災害は、個人として対処できる規模を遙かに超え、コミュニティとしてだけではなく、地方・中央政府として対処しなければならなく、社会的不平等を増大させる被害からの復興に対する国家の支援も不可欠となっています。
 一方、東日本大震災に被災した地域で、コミュニティとしてのまとまりが強く維持されていた町や村では復興が早く進んだといわれてきました。また、1年以上におよぶ新型コロナの感染拡大では、地方・中央政府一丸となって「密な接触回避」が叫ばれ、経済支援が行われるなか、インターネットを駆使した新たな「つながり」の形も生み出されてきています。平時における「つながり」の共同性は災害時の対処に大きな力になることや、「つながり」への希求は消え去ることはないことが分かります。
 人類学の研究は、人間社会が社会生態的条件に合わせながら、互いの信頼性を作りあげる有機的・機能的装置となる顔と顔を合わす場や機会を設け、家族、親族、地域といった様々なレベルでの「つながり」を構築してきたことを示してきました。互酬性に根ざし、互いに次世代をも見守りあう家族を越える「つながり」の共同性は、互いの信頼を育み、安心できる暮しへの出発点となります。また、ナオミ・ザック(2020:43)が『災害の倫理』のなかで示唆するように、家族を越える共同性を平時から構築しておくことは、「連帯」、「協働性」、「利他性」が核となる倫理的・道徳的価値の共有を育み、災害への技術的対処を補完し、そこからの復興への近道になるといえるでしょう。

山田 孝子

プログラム メンバー


王 柳蘭 (代表)
同志社大学グローバル地域文化学部

研究テーマ
1) 中国系ムスリムのディアスポラと宗教、コミュニティ
2) 日本における多民族の暮らし、関係性と宗教・文化コミュニティの動態
3) 移民・難民の表象と映像
read_more

李 仁子
東北大学大学院教育学研究科・教育学部 総合教育科学専攻

研究テーマ
1) 在日外国人の根固めに関する文化人類学的研究
2) 災害の復興と社会的紐帯に関する研究
read_more

内田 晴子
公益財団法人世界人権問題センター

研究テーマ
1) 東南アジア地域研究
2) 移住者と人権
3) 人権教育
read_more

小野 文生
同志社大学グローバル地域文化学部

研究テーマ
1) ホモ・パティエンス(受苦するひと)の人間学
2) 近代ユダヤ思想
3) 非在(いないわけではないもの)のエティカ(居場所=倫理)の探究
read_more

川越 道子
広島国際学院大学

研究テーマ
1) ベトナム地域研究
2) 多文化共生論
3) 外国人技能実習生の人権
read_more

小山 真紀
岐阜大学流域圏科学研究センター

研究テーマ
1) 災害時の死傷者発生メカニズム
2) 地域防災対策
3) 地域の防災人材育成
read_more

阪本 真由美
兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科

研究テーマ
1) 災害リスク・コミュニケーション
2) 防災教育
3) 地域防災
read_more

下條 尚志
神戸大学 大学院国際文化学研究科

研究テーマ
1) 戦争・社会主義下ベトナムの人々の生存戦略と日常政治
2) 20世紀以降の東南アジア大陸部のウォーター・フロンティア
3) 東南アジア大陸部と日本におけるベトナム移民・難民
read_more

杉本 篤子
「やさしい日本語」有志の会

研究テーマ
1) 多文化共生と外国籍住民の防災施策
2) 「やさしい日本語」と多文化共生
3) 外国籍住民の防災教育
read_more

瀬戸徐 映里奈
近畿大学人権問題研究所

研究テーマ
1) 在日ベトナム難民の食とコミュニティ
2) ベトナム難民と本国間ネットワークの形成
3) 日本における在日外国人の生物資源利用とアクセス問題
read_more

宗田 勝也
総合地球環境学研究所 研究基盤国際センター

研究テーマ
1) 強制移動
2) 難民の定住プロセス
3) コミュニティメディア
read_more

飛内 悠子
盛岡大学文学部社会文化学科

研究テーマ
1) 南北スーダン、ウガンダにおける移民・難民の帰還
2) 人の移住と宗教、特にキリスト教徒の関わり
3) キリスト教信仰覚醒運動の歴史的展開
read_more

西 直美
同志社大学一神教学際研究センター

研究テーマ
1) タイにおけるイスラーム教育の役割
2) タイ南部におけるイスラーム復興とコミュニティの変化
3) マレーシアにおけるタイ南部出身のムスリム移民
read_more

山田 孝子
京都大学名誉教授

研究テーマ
1) 難民・移住者・越境者の共同性再構築と宗教
2) 在日チベット人社会の展開とコミュニティ形成
3) コミュニティの再構築・維持と「つながり」
read_more

渡邉 暁子
文教大学国際学部国際理解学科

研究テーマ
1) 都市マイノリティの社会的包摂と排除と、生存戦略
2) 湾岸アラブ諸国における外国人労働者の改宗とソーシャルキャピタル
3) 支援における対話と相互作用
read_more